海藻と健康

ティーセット

現在では、人間が本来体に備わっている免疫力を高めることで病気を予防したり、改善を早めることがわかっています。 人間の中には、ナチュラルキラー細胞と言われるリンパ球の一種が数多く存在し、ナチュラルキラー細胞が体内で活発に働いていると、がんや感染症などにかかりずらいと言われています。 逆に、何らかの原因で免疫力が低下しているとがんや感染症にかかりやすく、重症化もしやすくなります。 そのため、最近では免疫力を高める食べ物や健康食品等に注目が集まっています。 特にがん治療にも免疫療法を取り入れているところも増えていますが、そのうちの一つがフコイダン療法です。 フコイダンは、めかぶやもずくなどの海藻類に多く含まれているヌルヌルとした成分のことです。

フコイダン療法が注目されるようになったのは、フコイダンには、アポトーシス作用があることがわかったからです。がんは体の中の正常な細胞が変異してがん化したものですが、フコイダンにはがん細胞だけを見つけて死滅させるという特徴があります。この現象をアポトーシス作用と言いますが、最近ではがん治療を行う医療機関でも代替医療としてフコイダン療法を取り入れているところも増えてきています。 また、その他にもフコイダンには、コレステロールや中性脂肪、血糖値などを下げる効果やアレルギー症状の軽減、ピロリ菌の減少など様々な症状に効果があるとされていて、フコイダン療法はサプリメントや健康食品など様々な分野に広がっています。